読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メイコのひとりごと

わたしからわたしへ。わたし自身へのメッセージ。

『今』を生きる

私は、どちらかというと、いやかなり、過去を振り返ることが多い。
すぐに、過去の情景やその時の感情を蘇らせることができるし、未来のあらゆる可能性を想像し、夢に耽ったり、心配したりする。




彼は、真逆だ。
彼の目は、今を見ているのが分かる。
常に、今の気持ちで話すので、昨日言っていたことと今話していることが全く違うということもよくある。
見通しを立てて計画する、ということもあまりしない。
(彼の名誉のために言っておくと、仕事ではこれがかなり求められるので仕事中はしているようだ。)






人は、一瞬一瞬、経験を積んでいる。
ということは、変わり続けているということだ。
朝起きたときの自分と、寝るときの自分はもう違う人間だ。
たった今起きたことを経験することで、人生観が180度変わるということも起こり得る。


だから、「過去の自分の目標はこれだったから、今の自分もこれを目標にしているはずだ」
というのは何の役にも立たない。
今の自分を邪魔するものでしかない。

それより、今の自分が何を考えているのか、どうしていきたいのか、ということに向き合わなければ、
自分の本音は分からない。





彼は、『今の自分』を大切にしている人なのだと思う。
過去に捕らわれず、自分自身に刻み込まれた経験と今の自分だけに徹底的に向き合い、
今の自分に正直に生きてきたのだ。

それを、私は日々目の当たりにし、今を生きることを肌で感じて学んでいる。









付き合い始めた当初、「好きかどうか分からない」とハッキリ言っていたのが嘘のように、
どうしようもなく彼に惹かれているのは、そういう部分があるのかもしれないとふと思った。



しかし、彼が今だけに注目しなくなったからといって、嫌いにはならない。

一時的になら、今までにも時々あった。
スーパーマンではない、普通の人間なのだから、過去を振り返って迷ったり、立ち止まったりする。
でも、それも必要な時間だし、しばらくしたらまたひたすらに動き出す。




もし、今後、彼が何らかの経験をし、今だけを見つめることをやめたとしても、
またきっと、その時彼は違う世界を私に見せてくれるのだろうと思う。