読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メイコのひとりごと

わたしからわたしへ。わたし自身へのメッセージ。

好きな人にだって、私を嫌う権利はある

前回、好きな人にだけ好かれたい、と書いたばかりだが、
私の好きな人にだって、私を嫌う権利はある。




あなたのこと大好き、だからあなたも私のことを大好きになって、
なんて言われたら、私はその場から走り去りたくなるだろう。
結局その人は、「自分も好かれること」という条件が好きなだけだ。



そんな条件付きの愛ならお断りだ。
私は、私そのものを好きになってほしいし、相手そのもの、まるごと全部好きになりたい。





だから、好きになってもらえるかどうかなんて、本当のところはどうでもいい。
そんなことを考えたって、どうやっても相手の心を完全に読み取ることなんてできないのだ。
丸ごと好きになってもらえてるかどうかなんてことを確認する方法は、ない。


私は、私の好きな人を、好きなだけ愛するだけだ。

ただ、相手が私を全部丸ごと愛してくれたとき、
その愛を感じて、受け取れるわたしでいたいと思う。








私の好きな人だけを、思う存分、愛して生きていく。

それだけで、私の人生は満たされて幸せなんじゃないかと、
そう思った。